ブログ Blogs

ブログ

EPSフォームのリサイクルは本当に実現可能か。減容機の存在は合理的だ

ページビュー:118 / リリース時間:2021-08-26

EPSフォームはよくしらないですか。しかし、テイクアウトのパッケージボックス、卵パック、および高速ロジスティクスのパッケージバブルはおなじみですよね。 これらは私たちの生活には不可欠な発泡スチロールです。 EPSフォームの普及は便利をもたらすとともに、そののリサイクルが問題になっています。

発泡スチロール減容機



存在は合理的ですが、この文は同意しますか。ほとんどのリサイクルプログラムでは、EPSは「厄介な」リサイクル可能物として分類されており、多くの場所でさえそれを汚染物質としています。これらの受け入れられない材料は、道端でリサイクルされると、善よりも害を及ぼします。その結果、リサイクル負荷全体が拒否され、受け入れられたリサイクル可能な材料のリサイクルがより困難になる可能性があります。 しかし、発泡スチロール減容機の登場により、この問題は緩和されたようです。

まず第一に、EPSフォームはリサイクル可能なフォームです。コンセプトは正しいですが、EPSのリサイクルは面倒で収益性が高くないためにあまり見られません。ほとんど発泡スチロールを抽出、処理、リサイクルしようとしている企業は欠損しています。 しかし、環境を保護するという日本政府の決意は明らかです。自由に未処理のEPSを捨てると、巨額の罰金がに処す場合があります。


発泡スチロール再利用


発泡スチロールは自然に分解するのに時間がかかるため、リサイクルするのに最適な方法は再利用することです。 再びこれらの「ジャンク」を価値のある製品に変えるにはどうすればよいですか。 彼らはいくつかのステップを経る必要があります:1。圧縮回収。 2.発泡スチロールの造粒; 3.射出成形。 これらの泡の量は、発泡スチロール処理機で大幅に減少し、その後の処理と再生に便利です。


企業の発展は対応する社会的責任を負う必要があるため、EPSフォームに依存する一部の業界では、正しくEPSフォーム廃棄物をリサイクルと処分するのが彼らの責任です。これらが本当に面倒だと思われる場合は、専門のEPSリサイクル会社に連絡することができます。 GREENMAXは、EPSリサイクルの問題を解決するのにも役立ちます。私たちは、地域の状況に応じて発泡スチロール回収ラインを調整できるデザイナーの専門チームを持っています。


発泡スチロール処理機


科学技術の急速な発展によってもたらされる便利さを楽しみながら、私たち一人一人ができるだけ生活環境を保護するすべきことです。 GREENMAXは、13年間EPSリサイクル業界に拠点を置いていて、世界中の60を超える国と地域のお客様が、泡のリサイクルラインの設計と建設を完了するのを支援してきました。発泡スチロール再利用についてご不明な点がございましたら、GREENMAXがソリューションをご提供させていただきます。心よりご訪問をお待ちしております。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com