導入事例 Cases

導入事例

ビル会社Grand Banks Yachtsと発泡スチロール専門家のGREENMAXが発泡スチロールリサイクルの問題を解決した

ページビュー:1530 / リリース時間:2020-02-01
1956年以来、Grand Banks Yachtsは、クラシックなデザイン、最高の快適さ、そして正確なディテールを施した見事なヨットを作り上げてきました。 ヨットの設計と建設の革新者として、Grand Banksは自社の製品で業界を推進するために、常に新しいアイデアとテクニックを推進しています。
 発泡スチロール廃棄
製品デッキを生産する中に、ベースを支えるために発泡スチロール模型を必要とします、それで模型を得るために、発泡スチロールを製粉するために、ロバーツを製粉し、そしてデッキが完成した後、小さな部分の型を破壊しました。 この過程で、それらは発泡スチロールダストと発泡スチロール切れ端の両方を生成し、混ざる状況で、管理が難しくなりました。 したがって、発泡スチロールをリサイクルするのは緊急の問題になります。
 発泡スチロール溶融機
「発泡スチロールスクラップがいっぱいある時に、地元のリサイクル業者に電話して呼んだでも来ない時もあり、遅い時もあります。発泡は非常に大きく、保管するのに余りにも多くの時間がかかります。 処理した後、スペースを節約し、安全性の問題を解決するために、そのような解決策が必要です。発泡スチロールは機械を用いて、破砕しヒーターで熱を受け溶解されると約1/90まで減容されます。溶かされたのち、冷やされると固いインゴットとなります。発泡スチロールは、そのまま廃棄すると廃棄物として処理費を払わないといけませんが、きちんと選別し、減容することでリサイクル会社に売却出来ます。
発泡スチロールインゴット買取
Grand Banks Yachtsは、2018年にGREENMAX 減容機を使用して、発泡スチロールのリサイクルを開始しました。 GREENMAXが提供するソリューションは、彼らの懸念を解決するための適切な機会です。 そして、INTCOは発泡スチロール スクラップを有益な宝に直接変えることができるメーカーです。 より多くの発泡スチロールスクラップを環境に優しい目的地に持つことを願っています。

機械の加熱温度は170℃の低温で設定しますから、電気コストは安いです。当社の発泡スチロール減容機でつくられるインゴットは、低温で処理されるため、熱履歴の少ない良質なリサイクル原料になります。魚箱・食品トレイ・青果箱・緩衝材などに使用され廃棄された使用済みの発泡スチロールは、発泡スチロール溶融機により発泡スチロールを粉砕して、1/90に減容・固形され、再生インゴットとなり、プラスチックの原材料として使用されています。減容した発泡スチロールは小さく保管できて、運搬コストと管理コストの削減にのつながります。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478