導入事例 Cases

導入事例

発泡スチロールメーカーのARQUIPOR株式会社でGREENMAX発泡スチロール減容機を利用する

ページビュー:151 / リリース時間:2021-03-26

ARQUIPORは、グアテマラで有名な発泡スチロール製品のメーカーです。 同社は、発泡スチロールモールディング、発泡スチロールカラム、その他の発泡スチロールフォーム製品など、高品質の発泡スチロール建材および装飾製品を供給しています。 製造工程での発泡スチロールスクラップは長年問題になっています。 ARQUIPOR2020年にGREENMAXから発泡スチロール減容機を購入し、発泡スチロール廃棄物のリサイクル問題を最終的に解決しました。

ARQUIPOR


製造工程では発泡スチロールの端材が多くでてきますが、製品の品質を確保するために、ほとんどのスクラップは再利用できず、常にゴミとして扱われます。 時間の経過とともに、生産能力の拡大に伴い、ますます多くの廃棄物の発泡スチロールが蓄積します。

発泡スチロール廃棄


「発泡スチロールフォームのスクラップを捨てるのは残念ですが、どう対処すればいいのかわかりません。」 ARQUIPOR社長さんは言いました。 偶然の機会として、メキシコの友人がINTCO Recyclingを勧め、私たちは発泡スチロールリサイクル機器メーカーだけでなく、圧縮した後のインゴットを買い戻して新しいPS製品を製造する専門な発泡スチロールリサイクル業者でもあると紹介しました。 社長さんは非常に興味あり、弊社の発泡スチロールリサイクルソリューションについて詳しく了解したいために、私たちに電話をかけ、M-C200発泡スチロール減容機の見積もりを聞きました。

発泡スチロールリサイクル機器


さらに、グアテマラ政府は廃棄物のリサイクルと埋め立て地の削減も提唱しています。 しかし、地元の人々は発泡スチロールがリサイクル可能であることをほとんど知らず、多くの市販の包装材料も廃棄物として廃棄されています。 したがって、彼は自分の工場からの発泡スチロール廃棄物に加えて、将来的には商業廃棄物をリサイクルし、グアテマラ全体で発泡スチロールのリサイクルを促進することも計画しています。


ご存知のように、昨年の大流行により、グアテマラの発泡スチロール製造業も大きな影響を受け、発泡スチロールの価格が大幅に下落しました。 それでも、ARQUIPORは発泡スチロールリサイクルプログラムを実施することを強く決意しており、作業再開後できるだけ早く発泡スチロール減容機の出荷を手配し、発泡スチロールリサイクル事業を開始します。

発泡スチロール買取



GREENMAX発泡スチロール減容機を購入した後、リサイクル発泡スチロールインゴットについてもお客様との協力を得ました。 現在、顧客はすでに圧縮された発泡スチロールブロックの完全なキャビネットを持っており、近い将来に出荷するように手配される予定です。


2021年の市場の緩やかな恢復に伴い、発泡スチロールブロックの価格は上昇傾向にあります。 2020年の流行発生時の価格と比較すると、価格は2倍になり、上昇を続けています。

発泡スチロールインゴット



市場が悪い場合に顧客が投資決定を主張するからこそ、市場が恢復したときに迅速に利益を得ることができます。 発泡スチロール減容機の投資は、ARQUIPORとして非常に賢明な決断です。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478