ブログ Blogs

ブログ

フォーム高密度化減容装置が発泡スチロール溶かし方の閉ループが保証できる理由

ページビュー:444 / リリース時間:2020-07-18
最近、環境国際という雑誌が新しい研究を発表しました。人々の環境保護に対する意識が高まるにつれ、ますます多くのリサイクルプロジェクトや発泡スチロール溶かす機械が使用されています。でも、調査によると、これらのリサイクルプロジェクトの下流をたどると、ほとんどリサイクルできるプラスチック(主に発泡体)が埋め立て地と海に入ったことが気づきました。 GREENMAXはこの研究結果で残念です。フォームデンシファイアを使用してリサイクルする場合、GREENMAXはそれが実際のリサイクルであることが保証できます。
発泡スチロール廃棄
GREENMAXは、2008年にカリフォルニアで正式に設立され、主に自社開発の発泡スチロール溶かす機械を販売しています。今まで10年以上の発展になりました。リサイクルの経験が増加し続けるにつれて、フォームリサイクル機器の付加価値も増加します。 
統合後、GREENMAXは正式に完全なフォームリサイクルプロジェクトを開始しました。フォーム廃棄物のリサイクル方法から、リサイクルされたフォーム材料の再利用まで、プロジェクトは閉ループを形成します。リサイクル業者であれ、研究者であれ、リサイクル後最終的にどのようなフォーム廃棄物になるかが追跡できます。
発泡スチロール回収
GREENMAXのフォームリサイクルプロジェクトは、フォームデンシファイアを中心としています。フォームデンシファイアは、フォームクラッシャーと発泡スチロール溶かす機械を1つに組み合わせたものです。 1台のマシンには、粉砕と発泡スチロール溶かし方の2つの機能があります。フォーム高密度化装置は、フォーム廃棄物を90:1の比率でフォームインゴットに高密度化できます。これにより、回収効率が大幅に向上し、保管および輸送における回収コストが削減されます。 
GREENMAX減容装置MC300
GREENMAXは、自社の機械の顧客に対して、買い戻しの機械の顧客から生産された発泡インゴットがフォトフレーム、ミラーフレームおよびその他の製品の原料として使用されることを約束します。これがフォームデンシファイアをリサイクルに使用されてフォームの廃棄物が追跡できる理由です。 10年以上のリサイクル経験でGREENMAXは完全なフォームリサイクルの産業チェーンを持つことができました。

フォームの廃棄物が多く、フォームのリサイクルプロジェクトや発泡スチロール溶かす機械を導入する必要があり、ターミナルのリサイクルが必要な会社の場合は、GREENMAXに相談してみませんか?

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478