ブログ Blogs

ブログ

减容装置ハイメルタで発泡スチロール処分とリサイクルに関するよくある質問

ページビュー:100 / リリース時間:2020-07-22

軟質プラスチックの話題は、最近の環境の悪さもあり、COVID-19の影響もあり、最近広く議論されています。軟質プラスチックの使用が大幅に増加しています。増加しているため、泡スチロール処分する用の减容装置ハイメルタが必要になります。この特別な期間中、人々は発泡スチロールトレーに包装された食品などの軟質プラスチック包装の製品を購入する傾向があり、より衛生的であると見なされます

発泡スチロール廃棄
軟質プラスチックの使用の増加はすでに避けられない状況であるため、軟質プラスチックの発泡スチロール処分方法、特に軟質プラスチックの発泡スチロール処分することが急務となっています。 発泡スチロールは、一回限りの食品包装として使用されるだけでなく、その独特の拡張特性により、輸送中の耐衝撃包装としても使用されます。つまり、軟質プラスチックにおける発泡スチロールの使用は膨大です。


A:はい、発泡スチロールはリサイクルできます。ただし、食品包装としての発泡スチロール包装廃棄物は、ごみのリサイクルが困難になります。発泡スチロール食品包装廃棄物のリサイクルプロセスでは、クリーニングリンクを追加する必要があります。家電製品発泡スチロールのパッケージ廃棄物である場合は、道端のごみ箱に捨てる前にできるだけきれいに保管してください。
Q:発泡スチロールをリサイクルする方法は?

A:住民が発泡スチロールリサイクルする方法は2つあります。 1つは道端のごみ箱で、もう1つは地域社会のリサイクル活動です。地域のリサイクルポリシーに従って選択してください。小売業者、物流会社、および発泡スチロールパッケージ廃棄物が大量にある他の会社の場合は、INTCOリサイクルに連絡できます。 INTCOは有名なリサイクルの専門家として、さまざまな状況に応じて会社全体の発泡スチロールリサイクルプロジェクトをカスタマイズします。

発泡スチロール减容装置ハイメルタ


Q:発泡スチロールのリサイクルプロセスとは何ですか?

A:発泡スチロールリサイクルで最初に解決すべきことは、コストの問題です。 発泡スチロールには98%の空気が含まれているため、大きくて軽いのです。 発泡スチロール内の空気が圧縮されていない場合、リサイクルプロセスの輸送と保管に過度のコストと効率の低下の問題が生じます。したがって、圧縮比が90:1の発泡スチロールデンシファイアを使用することは、発泡スチロールリサイクルの重要なステップです。
発泡スチロール减容装置ハイメルタには、回転カッターとホットメルトスクリューが内蔵されています。機械のホッパー口に入れられた発泡スチロールパッケージ廃棄物は、最終的にはタイトで硬いEPSインゴットになります。その後、主要な端末メーカーへの効率的な輸送により、フォトフレーム、ベースボード、木質材料などの製品の原料となります。これで発泡スチロール処分のリサイクルは終わりました。


発泡スチロール処分のリサイクルは複雑ではありません。私たちは発泡スチロール製品を使用しましたが、発泡スチロール廃棄物の責任も負う必要がありますね。

代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 050 55349405