導入事例 Cases

導入事例

発泡スチロール減容機がイスラエル薬品運送業界を進軍している

ページビュー:847 / リリース時間:2020-06-06
発泡スチロールは価格性能比が高い保温材料として、薬品運送業界が使われている。毎年全地球各地の運送チェーンの中で、発泡スチロール包装がいつも極大な役に立ってて、薬品を特定な温度で運送させる、品質安全を保証している。では、保温を利用してから、その使い捨て発泡スチロールをどうやって減容して、回収するのか?発泡スチロール減容方法をずっと探している。
 insulpack-group-ltd-in-israel-200606
沢山の薬品運送を担当してる会社がその問題にこまってる。そのひとつの運送会社はイスラエルのINSULPACKという会社だが、ずっとイスラエルの地元で薬品を運送するサービスをやってて、世界各地から運んできた発泡スチロールの廃プラを圧縮して回収するという問題に困ってる。2019年INSULPACK運送会社がGREENMAXと連絡をできて、発泡スチロールを圧縮して回収加工するの依頼ができてきて。相談した結果、INSULPACK会社の発泡スチロールスクラップは二種類があり、ひとつは15kg/m3の普通タイプと30kg/m3の黒鉛型発泡スチロールであり、もし二種類の密度の発泡スチロールを圧縮するのは同時に満足できるだとしたら、特別の機種:発泡スチロール圧縮機が必要になる。 
発泡スチロール圧縮機
そのため、GREENMAXがINSULPACK運送会社の二種類の発泡スチロールに対して、強いパワーの粉砕シスチムを持ちのAーC200発泡スチロール圧縮機を設計した、普通の発泡スチロールと黒鉛型発泡スチロールを圧縮する。 
発泡スチロールインゴット
GREENMAX承諾する、市場価で圧縮した発泡スチロールブロックを回収して、英科マレーシアの再生工場でpsペレットを加工する、またフォトフレームとか額縁などの商品を制作してから、また世界各地に売り、世界の人たちに生活の求めサービスを提供する。それはGREENMAXの方針であり、様々な業界の発泡スチロール廃プラを回収加工するというリサイクルにサービスを提供し、発泡スチロールを圧縮減容してから、新生するのために努力している。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478