導入事例 Cases

導入事例

マレーシア最大の電気屋さん-SENHENGが発泡スチロール粉砕機を利用して、廃棄物の発泡スチロールをリサイクルする

ページビュー:1089 / リリース時間:2020-05-22

SENHENGはマレーシア最大の電気屋さんとして、マレーシア全国で合計110箇所の店舗と10箇所の物流倉庫があります。 2018年の売上高は約13億ドルにのぼり、ベストセラー商品のトップ4はスマートフォン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機でした。 家電の包装は主に発泡スチロールなのです。発泡スチロールの減容方法について頭がいたいです。2019年、SENHENGはマレーシアで発泡スチロール粉砕機で発泡スチロールのリサイクルを開始しました。

SENHENG

テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電製品の場合、SENHENGは専用のロジスティクスインストールチームを設置し、お客様が配布およびインストールを行えるようにし、取り除いた発泡スチロールの梱包材を倉庫に持って戻します。

発泡スチロール廃棄


以前は地元のリサイクル業者と協力していましたが、地元のリサイクル業者が来る時間は決まっていないため、約束の時間で来ないことが多く、在庫に大きな問題が発生します。 これらの発泡スチロールは軽量ですが、広いスペースを占めます。 リサイクル業者が12週間ぐらいに発泡スチロールのスクラップを取りに来られない場合、それは倉庫の災害です。そのため、SENHENGは発泡スチロールの減容方法を捜すことを決めました。

発泡スチロールの粉砕機

幸いにも、2019年にSENHENGGREENMAXに連絡し、発泡スチロールのリサイクル減容方法を聞きました。専門な発泡スチロール粉砕機でリサイクルして、環境にやさしく、最後の製品も再利用できます。GREENMAXは発泡スチロールの専門家として、リサイクル業界チェーンを全体にサービスを提供しています。 つまり、GREENMAXは、発泡スチロールの粉砕機などのリサイクル設備を提供するだけでなく、圧縮した発泡スチロールインゴットを購入して、再生ペレットを作ってから、環境に優しいフォトフレームやその他の建築装飾製品を製造しています。

このような発泡スチロール減容方法とリサイクルは、常にSENHENGによって追求されてきたグリーン環境保護の概念に沿ったものであり、会社の社会的責任に対する意識も示しています。


発泡スチロールリサイクル買取


そのため、GREENMAXから提供された発泡スチロールの減容方法を受け取るとすぐに、SENHENGはすぐに発泡スチロール粉砕機を注文し、201910月に工場で発泡スチロール減容場所を設置しました。発泡スチロール廃棄物処理の問題を解決するとともに、倉庫のスペースを大幅に節約できて、環境も綺麗になりました。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478