導入事例 Cases

導入事例

GREENMAXはCH GreenおよびMBPJと協力して発泡スチロール廃棄物をさらにリサイクルします

ページビュー:274 / リリース時間:2019-11-13

MBPJはマレーシアのスランゴール州スランゴール州にあり、クアラルンプールから車で30分以内です。1952年、クアラルンプールの人口過剰の問題を対応するために、イギリスの植民地政府は衛星都市の設立を計画し始めました。2006年6月20日に、ペタリンジャヤは正式にセランゴール州の2番目の都市にアップグレードされました。

発泡スチロールリサイクル


経済発展の過程において、MBPJの都市ごみ処理が最大の問題となっています。カートンやプラスチックフィルムなどの従来のゴミは効果的な方法で処理されてきましたが、発泡スチロールの処理は常に大きな問題となっていました。


発泡スチロールゴミ

MBPJでは、毎日、住宅地やビジネスセンターから大量の廃棄発泡スチロールが発生します。長年の探査で、市役所はそれに対応するより良い方法を見つけていません、埋め立てのためにごみ箱に捨てることができるだけです。この処理はコストがかかるだけでなく、発泡スチロールが地下に残り、自然の分解に100年以上かかるという事実もあります。


発泡スチロール 減 容 機

2017年、CH GreenとMBPJ政府は、これらの廃棄物を処分する新しい方法を検討するために協力し始め、耐火性廃棄物、特に発泡スチロールの埋め立て地の削減を目指しました。 この目的のために、市役所は、発泡スチロールが直接処分され、再利用のために完全に展示されているMBPJリサイクルセンターを設立しました。発泡スチロールの廃棄物をより適切に処理するために、彼らは、発泡スチロールのリサイクルに特化した世界有数の発泡スチロール減容機メーカーであるGREENMAXを見つけました。

発泡スチロール中間処理


GREENMAXは、このプロジェクトの重要なメンバーです。発泡スチロール減容機を提供するだけでなく、収集方法、圧縮方法、保管方法、購入方法など、発泡スチロールのリサイクルに関する包括的なガイダンスも提供します。CH Greenは、GREENMAXに発泡スチロールリサイクルホールを設置し、INTCO発泡スチロールのリサイクルの全サイクルを紹介しました。


発泡スチロール インゴット 相場



今まで、GREENMAX M-C50発泡スチロール減容機はリサイクルセンターで6か月以上稼働しており、500種類以上の都市ごみ箱の発泡スチロールのリサイクルを回収し、輸送費と埋め立て費用を節約しています。 さらに重要なことには、ペタリンジャヤのすべての居住者は、発泡スチロールはリサイクル可能であることを認識しており、すべての発泡スチロールは将来ここで再利用されるであろうと述べた。



マレーシア初の市役所部下のリサイクルセンターとして、発泡スチロールのリサイクルは大成功を収めています。将来、発泡スチロールリサイクル会社GREENMAXは、CH Greenと協力して、より多くのリサイクルセンターを建って、もっと多くの発泡スチロールをリサイクルする予定です。




代理店募集中 Lucyshen@intco.com 050 58060288