導入事例 Cases

導入事例

GREENMAX溶融機-大容量発泡スチロールのリサイクルには最適

ページビュー:618 / リリース時間:2020-07-14
発泡スチロールの埋め立てによってもたらされる高い廃棄コストと環境への不可逆的な汚染の影響と比較して、発泡スチロールのリサイクルに発泡スチロール溶融機を使用する方法はますます世界中で認められており、より科学的で合理的で環境にやさしい方法です。
 AMVIC INC
AMVIC INCは、建設業界でカナダで2番目に大きい発泡スチロールメーカーです。 1997年の設立以来、AMVIC INCは急速に発展し、卓越した専門技術とサービスで業界で高い評価を得ています。カナダ東部と西部には3つの工場があり、カナダのすべての関連産業に高品質の製品とサービスを提供しています。
 発泡スチロール廃棄物
AMVIC INCのすべての工場には、顧客向けの製品を製造するときに発泡スチロールをカットする特別な設計が必要です。ビジネス注文の増加に伴い、これらの発泡スチロールの残り物もそれに応じて増加します。従来の発泡スチロール埋め立ては、高い廃棄コストが必要なだけでなく、環境を汚染していまいます多くの同業者が発泡スチロール溶融機を使用して発泡スチロール廃棄物をリサイクルしていることを知り、AMVIC INCはまた、発泡スチロールのリサイクルスペシャリストであるINTCO Recycling GREENMAXとのコラボレーションを開始することを決定しました。
発泡スチロール溶融機
当初、AMVIC INCは、100kg / hの能力を持つGREENMAX APOLOシリーズ発泡スチロール冷圧機を購入しました。ビジネスが成長するにつれ、発泡スチロール廃棄物の量は増加しています。 AMVIC INCには、より大きな容量の発泡スチロール溶融機が必要です。 2019年に、GREENMAX発泡スチロール溶融機が再購入されました。貯蔵サイロを装備した後、生産能力は300kg / hに達する。AMVIC INCは、発泡スチロール溶融機の使用後に満足感を示しました。大容量のメリットに加えて、発泡スチロール冷圧機よりも操作が簡単でした。このマシンのホットメルトの原理により、発泡インゴットの重量がキャビネットあたり20T以上と大幅に増加し、AMVIC INCが発泡スチロールリサイクルの収益を改善するのに役立ちました。 
発泡スチロールリサイクルサービス
INTCO Recycling GREENMAXは、発泡スチロール廃棄物の世界最大のエンドユーザーとして、グローバルな顧客に包括的なワンストップ発泡スチロールリサイクルサービスを提供することを約束します。それは常に第一に顧客の投資収益を置き、彼らの満足度を向上させます。発泡材リサイクルの道のりで、INTCO Recycling GREENMAXは常にすべての道を歩みます。
代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478