導入事例 Cases

導入事例

上海政府系の「ネットワーク融和センター」という産廃会社はGREENMAX発泡スチロール減容機で発泡スチロールを処理して再利用

ページビュー:13 / リリース時間:2020-10-17

昨年7月に上海が「家庭ごみの管理に関する上海市の規制」を施行して以来、廃棄物の分類とリサイクルのリサイクルサービスポイントが増えています。 現在、上海はリサイクル可能なものをできるだけ分別して再利用するために、「ネットワーク融和センター」という産廃会社を確立しています。 15,000以上のリサイクルポイント、201の中継基地、10の選別ヤードがあり、リサイクル可能な「ポイントステーションヤード」の3レベルのネットワークは、基本的に市内のすべての住宅コミュニティをカバーしています。

chongming-recycling-transfer-point-201017

上海崇明区供給・マーケティング総合協同組合は地方自治体の企業です。 これは、農民にサービスを提供する協同組合の経済組織であり、地区党委員会と地区政府が「3つの農村」の仕事で良い仕事をするための重要なキャリアです。 上海の廃棄物分別政策の傾向の下で、企業は発泡スチロール再利用のプロジェクトに着手しました。


「ネットワーク融和センター」の代表的な企業を構築するために、分別、収集、輸送、廃棄物処理の能力とレベルの向上を加速し、地区全体で「家庭ごみの全種類分別保証システム」を確立する 、上海崇明区供給マーケティング総合協同組合は現在、地域に1つのリサイクルセンター、18の中継基地、327の収集サイトを設立しています。

greenmax-machine-installation-101017

最近、INTCOリサイクルと上海崇明区供給マーケティング総合協同組合が発泡スチロール再利用プロジェクトに協力して成功しました。 INTCOは、企業が「ネットワーク融和センター」廃プラスチックフォームリサイクルプロジェクトを推進するのを支援するために、プロフェッショナルなGREENMAX 発泡スチロール減容機を提供しました。

 

上海崇明区供給・マーケティング総合協同組合は、上海環境衛生会議でGREENMAXの発泡スチロール減容機について最初に知りました。プロジェクトの調査の結果、私たちのマシンはそこの発泡スチロール処理要求と非常に一致していることがわかり、最終的に処理能力が大きい減容機を購入することにしました。 GREENMAX A-C300 シリーズは、崇明で最大のリサイクルセンターに設置されています。さまざまな中継基地からの発泡スチロール廃棄物は、集中処理のためにここに輸送され、発泡スチロールの数量は月に約20トンです。 発泡スチロール廃棄物は、主に地元の建材、野菜の箱、スーパーマーケットからのトレー、住宅用の廃棄物から発生します。

greenmax-eps-compactor-201017

GREENMAX A-C300 発泡スチロール減容機は、発泡スチロール廃棄物を処理するために新しいスクリュー圧縮原理を採用しています。 この減容装置は、大きな処理能力と高い圧縮率で有名です。 処理能力300kg / hに達し、圧縮比は約501であるため、発泡スチロールの体積を大幅に削減し、人件費と保管コストを節約できます。

compressed-eps-blocks-201017

上海崇明区供給・マーケティング総合協同組合は、INTCO Recyclingから協力できることを非常に感謝して、タイムリーなアフターサービスを称賛しました。 圧縮された発泡スチロールインゴットとランプINTCOに売り戻すこともできます。これにより、発泡スチロールのような白い汚染物の再利用が解決され、完全なリサイクルシステムが形成されます。


代理店募集中 lucyshen@greenmax-machine.com 505 532 5478